福井大学生活協同組合 > お知らせ > 第65回通常総代会(5月21日)が開催されました

第65回通常総代会(5月21日)が開催されました

第65回通常総代会が5月21日に開催されました。


 18年度活動や決算等の承認と19年度の予算・方針が承認されました。

また、2019年度からの第3次中期計画も承認され、組合員の皆さんの声を

生かしながら、より身近で頼りになる福井大生協を目指して参りますので、

今後も生協へのご意見やご利用をお願いいたします。

 

            第65回通常総代会のご報告

・日時 2019年5月21日(火)午後6時25分~午後7時47分
・場所 教育系1号館大2講義室
・総代総数109名うち、本人出44名、書面出席51名、代理出席0名、合計95名の出席でした。
<総代会議案>
第1号議案  2018年度活動報告・2019年度活動方針決定の件
第2号議案  2018度事業報告書・決算関係書類・剰余金処分案承認の件    
第3号議案  2019年度事業計画・事業予算決定の件     
第4号議案  第3次中期計画決定の件
第5号議案  役員報酬決定の件
選挙   役員選挙の件
  全議案、賛成多数で承認され、役員立候補者全員が信任投票で当選・就任されました。

■アイデアメニュー祭り、ヘルシー弁当のネーミング募集企画、朝食メニューについてのヒアリング、

 おすすめ本の興味や売れ行きを競うブックコレクション企画、大学生協牛乳のパッケージ投票など、

 組合員の声や参加にこだわりながら、事業活動にとりくんできました。

■全店舗合計で約94万人の組合員に利用いただきましたが、昨年よりも約2万名減少(-2.1%)し、

 供給高(組合員の利用)は6億9,050万円(予算比-1.5%、前年比-2.3%)となりました。

■前期繰越1,845千円を合わせた当期未処分剰余金4,109千円のうち、3,500千円を目的積立金

 (法定積立金および店舗システム改修費用積立)とし、609千円を次期繰越として剰余金処分しました。

■19年度予算は、購買部門の回復と食堂利用の維持で供給伸張を目指します。研修出向職員の

 移籍受入れにより人件費は増加、物件費は抑制していきますが、484千円の厳しい予算です。

 組合員の満足度を高め、利用を増やす取り組みを継続していきます。

■ 総代会後の第1回理事会において、理事長:久田研次(工学部教員)、副理事長:井上博行

 (国際地域学部教員)、専務理事:磯崎修治(生協職員)が互選されました。


                       これから1年間、よろしくお願いいたします。

 

PAGETOP